ホームページは公開後の更新が最も大切な業務です!

数年前にホームページを開設したものの、最終更新日が数ヶ月前であったり、中には開設時のままであったりということがしばしば見受けられます。これらは極端な例ですが、更新されずにそのままになっている企業様が多いのは事実です。
この理由の一つに社内担当者の負担過多があります。
多くの担当者は通常業務と兼務しており、しかも慣れないホームページの運営・管理業務に疲れ、最後は放置されます。
また、担当者の異動や退職により、新たな担当者を設置できずに、結局はそのままの状態になってしまうことも多々あります。
コクア・デザイン・オフィスでは、企業様の担当者と分業し、共にホームページを育てるお手伝いをして参ります。

ホームページ更新・管理へのこだわりと特徴

コクア・デザイン・オフィスでは、お客様のご依頼の更新作業をそのまま作業しません。
そのお考えに「+α」のご提案を行い、同じ「更新作業」でもより効果が高いものを目指します。
お客様とのご対応に関しましても、メールだけではなく担当者が電話対応、また必要に応じてご来社・ご訪問させていただき、できる限りお客様と意思の疎通を図ることが大切だと考えています。
更新・管理については、よほど複雑で高度なWEBシステムで構築されていない限り、他社さまで制作されましたホームページでも更新・管理が可能です。
先ずは、御社のじっくりお悩みをお聞かせ下さい。

ホームページの保守・運用をWEB制作会社に依頼するメリット

ホームページ制作の効率化ができる

テキストの修正や追加作業やちょっとした画像作成、または提携となったアイテム追加作業などは、少し勉強すればだれでもできる難易度のそれほど高くない作業と言えます。 しかし、その様な作業だからこそ、経験がものをいいます。 WEB制作会社のスタッフは、基本的なサイト作成作業のスタイルを確立しているため、簡単な作業であっても、より早く正確に行うことが可能です。 タイミングや作業内容にもよりますが、メールや電話のコーミュニケーションでも、まるで、隣の席にいるかのような感覚で、作業をご依頼いただけます。 一つ一つは小さな作業でも、積み重ねによって、大きな作業効率アップとなります。

内容のクオリティアップに集中できる

webサイトのクオリティにおいて一番重要な要素は「内容」です。内容によって、それをどのように見せるとより伝わるかという事が、サイトデザインやサイト制作です。
この二つの作業は、分けやすい作業と言えます。「内容」のクオリティを高めるためには、会社サイトであれば会社の業務内容などをよく知っている必要があります。 サイト制作のクオリティを高めるためには、WEB制作の技術的な知識が必要です。別々の専門的知識を必要とすることですので、両方に精通することは大変な事です。 サイト制作をお任せいただくことが、「内容」のブラッシュアップにより磨きをかけることにつながるのではないでしょうか。

ホームページ管理者・担当者がスキルアップできる

WEB制作技術のスキルアップをするためには、日々、様々な情報収集をする事も必要です。
社内にWEB関係に詳しい人が少ない場合、独学だけではどうしても情報に偏りができ、知らない事にも気づきにくい状況となります。
ホームページ保守・運用契約をしていただければ、作業のご依頼のやり取りだけでなく、相談事や意見交換をする事もできますので、 自然と勉強になり、トータル的なサイト運営スキルがアップしていくかと思います。
また、社外の制作会社は客観的な視点でサイトを見ることができきますので、オブザーバー的な立場としてもお役に立てます。